読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検査室の中で

細菌や黴を培養する仕事をしていた。生産した食品に食中毒菌が付着していないか、またその生産ロットの腐敗の進行の塩梅を調べるためだった。

作りたての寒天培地はつるりと綺麗なのに、数日インキュベーターにおいたシャーレの中では様々な細菌や黴が病気のような模様を千差万別に作り出していて、私は発疹のように露見した細菌を数えたり観察をして、それが終わるとシャーレごと棄てた。菌をアナログに数えながら、静かに過ぎてゆく午後が嫌いじゃなかった。

清潔感のある検査室には白衣を着た私一人で、普通に黙々と仕事はしているけれど、そこは自分のスペースで、なんとなく心に自由があって、喧騒も遠かった。

工場にはしょっちゅう幽霊に纏わる話があったように思う。思えば自分から積極的にその手の話を収集しにいっていたからかもしれない。社内での霊体験談をもつ上司たちも少なくなかったし、うちの会社が借りるずっと以前に飛び降りがあったらしい、とか、ここに井戸があったのを埋め立ててしまってあるからどうの、とか、短期バイトの男の子があそことあそことあそことあそこにぼーっとした作業着のおじさんがいつもいるんですよと教えてくれたりもした。そんなにいるの、何人いるのと聞くと、常時4〜5人はいるとのことだった。

私は検査業務の他、工場を消毒する業務もあったので、繁忙期にはまだ誰も出社していないような薄暗い早朝から、そんな現場を一人でアルコール除菌して回っていた。幽霊が見えたら嫌なのでひょっとこの顔真似をして踊りながら作業をした。誰もいないから全力だった。馬鹿馬鹿しい女には幽霊は近づいてこないという確信があった。万が一幽霊が出たらアルコールを吹き掛けるつもりだったけれど(ファブリーズが除霊に効くと見たことがあるので除菌用アルコールも効く気がした)、見えたことはなかった。そういえば私はなぜか新しいバイト先や職場で霊感がある新人らしいという噂がほぼ必ず流れるのだけど、そんなことは一言も言っていないし、大体幽霊なんか生まれてこのかた一度も見たことがないので本当に不思議。でも信じていない訳ではないし、怖いので、短期バイト君が教えてくれた場所はいつも特に念入りに除菌した。

ふと、短い引き継ぎの時間の中で苦々しい顔をしながら、ここの人間関係には気をつけた方がいいと忠告してくれた前任の彼も、きっと検査室で一人の時はなんとなく落ち着いたのだろうと思ったし、そんな瞬間を今でも思い出すことはあるだろうかと考えた。人間関係に疲れながら一人静かに検査している彼がそこにまだいる気がした。

私も時々検査室のことを思い出す。考えている間に私もあの部屋にいるんじゃないかという気がしてくる。幽霊が住み着きやすい工場だから、私の残像を出没させるのも容易な気がした。

私の魚座新月

f:id:Q11doors:20170226040233p:plain

私はEp上の新月

このタイミングで絵を描く気になった。これは赤ん坊を抱く母親です。

私には絵しかないと思って来る日も来る日も一心不乱に描き続けた歳月は随分長かった。幼稚園の頃からの「画家になりたい」が、小学校高学年くらいから「漫画家になりたい」に変わって、それから中学生で塾が忙しくなって、なんとなく、夢への挫折感から、苦い気持ちになって、段々描かなくなっていった。

今思えば、画家になりたいという動機は悪くない(才能があるというわけではなく、その動機の純粋性が良い)、でも漫画家にはサラサラ向いていない、ここでまず間違えた。そしてもっと向いていない難関校受験塾へと、誤った方向性にひた走った。

漫画家になりたいと言い始めたのも、塾に行き始めたのも、高校受験も、大学受験も、全部が自分に合っていない選択だった。なんとなく、あのくらいから、世間や見栄を気にしていた。気にはするけど好きじゃないことで努力出来ないからその先では何一つ伸びなかった。

自分の資質や本心が自分では何もわからないような子供だった。

大学を辞めてぽーんとスペインに行ったことは、確かに大きな転機だったように思う。それは社会からのドロップアウトであり、誤った道をようやくコースアウトできた。

スペインでは、住み込みで働いたりしながら沢山の美術館を巡って、存分にダリとピカソを見た。そもそもなぜスペインかというと、ダリが好きでフィゲラスのダリ美術館に行くのが夢だったからなんだけど(行きました)、同時にピカソの絵も大量に見ているうちに、それまではわからなかったピカソに胸打たれるようになった。

ピカソが求め続けた、純粋な線と色を、ずっと私も模索してみたかった。

The end 和訳

The doorsのThe endの和訳をしました。


The end / The doors 


This is the end, beautiful friend 

終わりだ、美しき友よ

This is the end, my only friend, the end 

終わりだ、唯一人の友よ、終わりなんだ

Of our elaborate plans, the end 

俺達の緻密な計画も、終わりだ

Of everything that stands, the end 

立ち尽くす全てのものが、終わりだ

No safety or surprise, the end 

安全も驚きもない、終わりだ

I'll never look into your eyes, again 

もう二度と君のお目にかかることもないだろう


Can you picture what will be, so limitless and free 

想像ができるかい?無限と自由の身を

Desperately in need, of some, stranger's hand 

死に物狂いで見知らぬ誰かの助けを求めて

In a, desperate land 

絶望的な土地で

Lost in a Roman wilderness of pain 

苦痛の荒野で迷子だ

And all the children are insane, all the children are insane 

子供たちはみんな狂っている、子供たちはみんな狂っている

Waiting for the summer rain, yeah 

そう、夏の雨を待っているんだ


There's danger on the edge of town 

街外れは危険だ

Ride the King's highway, baby 

王の道に乗るんだ

Weird scenes inside the gold mine 

金鉱の中に奇妙な光景が広がっている

Ride the highway west, baby 

道を西へ向かうんだ

Ride the snake, ride the snake 

蛇に乗るんだ、蛇に乗って

To the lake, the ancient lake, baby 

湖へ、古代湖だよ

The snake is long, seven miles 

蛇は長い、7マイルある

Ride the snake, he's old, and his skin is cold 

蛇に乗るんだ、老いていて、肌は冷たい

The west is the best, the west is the best 

西が一番良い、西が最高だ

Get here, and we'll do the rest 

着いたら、一休みしよう


The blue bus is callin' us, the blue bus is callin' us 

青いバスが呼んでいるよ、青いバスが呼んでいる

Driver, where you taken us 

運転手さん、何処へ連れて行ってくれるんだ?


The killer awoke before dawn, he put his boots on 

殺人者は夜明け前に起きて、ブーツを履いた

He took a face from the ancient gallery 

彼は古代の画廊から顔を一つ取って

And he walked on down the hall 

そして廊下を歩きだす


He went into the room where his sister lived, and, then he 

妹の部屋に入って、そして彼は…

Paid a visit to his brother, and then he 

弟を訪ねて、そして彼は…

He walked on down the hall, and 

And he came to a door, and he looked inside 

彼は廊下を歩きだす、そしてドアの前で立ち止まる、中を覗き込んで

Father, yes son, I want to kill you 

Mother, I want to... 

「父さん」「なんだ、息子よ」「あんたを殺す」

「母さん」「俺はあんたを………!あああああああ


C'mon baby, take a chance with us 

来なよ、一緒にやろうぜ

C'mon baby, take a chance with us 

来なよ、一緒にやろうぜ

C'mon baby, take a chance with us 

来なよ、一緒にやろうぜ

And meet me at the back of the blue bus 

青いバスの後ろで会おう

Doin' a blue rock, on a blue bus 

青いバスの中で、暗いロックをやろう

Doin' a blue rock, c'mon, yeah 

暗いロックをやろうぜ、そうだ、来いよ


Kill, kill, kill, kill, kill, kill 

殺す 殺す 殺す 殺す 殺す 殺す



This is the end, beautiful friend 

終わりだ、美しき友よ

This is the end, my only friend, the end 

終わりだ、唯一人の友よ、終わりだ

It hurts to set you free 

痛みは君を自由にする

But you'll never follow me 

でも君は二度と俺に着いてこない

The end of laughter and soft lies 

笑い声と優しい嘘の終わりだ

The end of nights we tried to die 

死のうとした夜達の終わりだ

This is the end

これで終わりだ

The crystal ship 和訳

The doorsのThe crystal shipを和訳しました。



The crystal ship/The doors



Before you slip into unconsciousness 

君が無意識の内に滑り落ちる前に

I'd like to have another kiss

もう一度キスをしよう

Another flashing chance at bliss 

無上の喜びの中で瞬くチャンスが来たら

Another kiss, another kiss 

もう一度キスを、もう一度キスを


The days are bright and filled with pain 

日々は輝き、痛みで満ちている

Enclose me in your gentle rain 

俺を君の優しい雨に閉じ込めてくれ

The time you ran was too insane 

君が駆け抜けた時間は狂い過ぎていた

We'll meet again, we'll meet again 

再会しよう、再会するんだ


Oh tell me where your freedom lies 

教えてくれ、君の自由がどこにあるのか

The streets are fields that never die 

街は死ぬことのない田園だよ

Deliver me from reasons why 

なぜなのか教えて、救ってくれ

You'd rather cry, I'd rather fly 

君は泣いた方がいいし、俺は飛んだ方がいいんだ


The crystal ship is being filled 

A thousand girls, a thousand thrills

水晶の船は、千の少女達と、千のスリルで一杯だ


A million ways to spend your time

いくらでも時間の使い途はあるよ

When we get back, I'll drop a line

俺達が戻って来る時には、手紙を書くよ


ハードルを越えてくれ

土星と水星の150°訓練をしてゆきます。


なるべくlimitless and freeで

好きなものを

好きなように